« 麻布十番でランチ | トップページ | 平成20年春のシステム監査 »

2008年5月27日 (火)

蕎麦うち

お蕎麦は昔から体にいいとされている。

乾麺や半生のお蕎麦はスーパーにいけば手に入るが、手打ち蕎麦はそうもいかない。

手打ちの場合は、まず粉から発注しないといけない。粉は、3種類つかうのだ。

そば粉、打ち粉、繋ぎ粉の3種類だ。

それがそろったら、蕎麦うちができる。

正味、1時間くらい掛かる。

茹で時間は、40秒くらいである。さっと茹でないとすぐやわらかくなってしまう。

茹で上がったらすぐに召し上がりましょう。

お蕎麦の香りと、お蕎麦の喉越しが楽しめて、とても贅沢な時間をすごすことができます。

ここまで書いておいて自分がお蕎麦をうつのかとおもった方もいらっしゃると思いますが、実は蕎麦をうってくれるのは、私のだんな様なのです。

最近は野球の練習で忙しくなってしまい、あまり打ってくれなくなりましたが、だんな様の打った手打ち蕎麦を食べるのは、また格別な味ですね。

|

« 麻布十番でランチ | トップページ | 平成20年春のシステム監査 »

健康管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529705/21213877

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦うち:

« 麻布十番でランチ | トップページ | 平成20年春のシステム監査 »