« 2009年3月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年5月

2009年5月20日 (水)

小学5年生の男の子って!!

いままでとは、明らかに変ってきています。
何が変ったかって、自我が目覚めてきています。
ちょうど、第二次性徴の時期ですよね。
女性の場合は、10歳から11歳頃。
男性の場合は、12歳から13歳頃。

毎朝、小言を言うのが日常のようになってきていて、いうほうも言われるほうもいい加減うんざりしてきているのです。

言われるほうは、自我が目覚めてきているので、「ふ~ん」と、何を言われても取り合わないのですね。その態度が、言っているほうにはブチッときてしまうのです。
今朝は、初めて息子が鼻歌まじりに聞いていて(息子にしてみれば自分を防御しているつもりなのですよね。)それを聞いてしまった私は、悲しくてポロポロないてしまったのです。

なんで、そんな鼻歌を唄うのか、問いただしたら、「ママが、僕のこと悪くばかりいってるから」と言われました。

言わないと、ご飯を食べずにずっとTVばかりみているし、全然改善してくれないと思うので、ついつい言ってしまうのですが、言われるほうとしては面白くないですよね。

たしかに、彼の言い分もそうだと思うので、明日からは小言は控えることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

子供っていいわ!!

今日は、子供から素晴らしい経験をさせてもらったことを書きます。
朝、いつものように慌しくて、娘に「歯を磨きなさい」「服を着替えなさい」と言っても
いつまでもダラダラしていたので、「ママは会社に遅刻しちゃうよ」と怒っていました。
(反省)
そうしたら、娘がマンションの階段を下りながら、私に「ママ、子供はおにいちゃんだけ
が良かった?」と聞くのです。私はハッとして、(すでに冷静に戻っていたので)ゆっくり
と言葉を選びながら「そんなことは絶対にないよ。○○がいてくれてママもパパもお兄ちゃんも
すごく喜んでるよ。」と心から伝えました。
帰宅後、娘に今朝のことを謝ると、娘からこんな言葉が返ってきました。
「子供はすぐに許してあげるよ♪」
なんて素敵な言葉でしょうか。娘からの嬉しいプレゼントでした。
子供は、ピュアな心を持っているので、少しの言葉で傷つくし、ちゃんとフォローすれ
ば、すぐ応えてくれるのだと思いました。
傷つけないように気をつけようと強く思い、また、傷つけてしまったら、目をそらさないで
適切なタイミングで、ごまかさないでピュアな心で接していこうと決意しました。
子供からいろんなことを学ばせていただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年10月 »