« 2009年5月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

シナリオの会に参加

今日は、pappoさんのシナリオの会に参加してきました。

今日で2回目の参加です。

学んだことをここでおさらいします。

①背骨をつくる。

  これは、目的を決めて、主人公が目的を簡単に達成できないように、これでもかというくらい主人公をイジメルのです。

  それを8つくらい書き出します。この背骨は、シナリオを書くときにぶれないようにしっかりと固めることがひつようなのです。

②想いをよせる。

  これは、主人公に対する想いを深く深くもつということです。

  そうすることにより、視聴者のみなさんにも、想いが伝わり、より強い共感を呼ぶことができるのです。

③箱書きをかく。

  ここでは、実際に箱書きをかくのですが、実際のことでも、調査や取材が必要なことがたくさんあります。ここをおろそかにしてしまうと、実際におこらないようなことしか書けなくて、視聴者の共感を呼ぶのは難しいでしょうね。

本日の宿題は、以上です。来月までの一カ月間で、中箱まで書いていくのですが、途中で行き詰ったり、途中までのシナリオを添削してもらいたい場合は、pappoさんにどんどんメールしていいそうです。

pappoさんは、とてもよい方で、ほとんどボランティアのような状態で、私たちを指導してくださっている方です。

pappoさんやcookさんの努力に報いるためにも、私たちは、来年2月のシナリオコンテストに応募し、入選する必要があるのです。

ちなみに、私の目的は、「子供の野球チームが6年の最後のトーナメントで優勝する」にします。

まず、取りかからなければならないことは、背骨を書くことです。背骨とは、楽に優勝させないためのいじわるなありとあらゆる手を考えることです。ここで注意しなければいけないことは、より具体的な出来事のみを書くということです。

この時点で、主人公の境遇の幅をせばめず、出来事に対して、主人公がどう反応するのかを楽しみながら考えることです。

また、ここで、作品の経過をご報告させていただきますね。

ご興味のある方は、また起こしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

ワークプレイスラーニング2009報告

本日10時から17時まで、東京大学の安田講堂で中原淳先生のワークプレイスラーニング2009が開催されました。

私は、6月に中原先生のラーニングバーに参加させていただいて以来、中原先生の斬新かつ緻密に計算されたおもてなしの心の虜になってしまってます。

以下の3氏によるケーススタディがありました。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱ 代表取締役COO 柴田 励司氏
アサヒビール㈱執行役員 人事部長 丸山 高見氏
㈱バンダイナムコホールディングス グループ管理本部デピュティゼネラルマネージャ 紀伊 豊氏

それぞれとても味わい深い発表で、とっても楽しめました。

中原先生と言えば、「聞く」「考える」「話す」「気づく」ということを、どんなセミナーでもおっしゃられています。

今日の私の気づきは、かなり大きかったです。
それは何かというと、中原先生の笑顔をまねようということ。
中原先生のような大きい器になろうということ。
この2点です。

いつまでになるかというと、2年後です。
2011年11月には、中原先生のように身を粉にして人々のために、難しい問題をスパッと切って、わかりやすく身近に感じてもらい、誰もができる!やってみよう!
と思えるような問題提起を最高の笑顔でしていきたと思います。

自分が人と違うミッションがあると、自分より頑張っていない人のことを、つい攻撃対象にしてしまいがちですが、中原先生は、決して人のことは悪くいいません。私も今日を境に、心で思っても、決して人の悪口は言わないと誓います。

そんな私が、2年後にどのように変身しているか楽しみです。

今までの教授やTVのコメンテーターは、簡単な問題をいかにわかりにくく伝えるかに尽力していたように思いますが、中原先生の話は、とてもわかりやすいというのが評判です。
私も、一生懸命に勉強し、世の中のことを学び、分析し、自分の言葉で情報発信していきます。

そして、2年後には、WPLのスタッフの一員として、名刺交換をしていることが現実となります。

私の決意を聞いてくれてありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

少年野球のステークホルダー

来年、うちの息子が6年になるので世話役を決める集会にでてきました。
少年野球では大人の関わりがかなり大きいのです。
代表、監督、コーチ、の他に部員のお世話を焼く世話役さんという役目の方がいます。
今回は、受験で休部になる子供以外の5人による選出でしたが、既に経験している人を除くと3人の中から選出することになりました。

どのようなステークホルダーが必要なのかを簡単に書いてみたいと思います。

今日は、その中でも一番重要な世話役さんについてまとめてみました。

世話役さんのお仕事としては、
1.スケジュール決め
  ■注意点
   ・スケジュールに無理はないか?
   ・移動は自転車か、それとも車か?
   ・お昼は何時頃どこで食べるか?
   ・コーチは足りているか?

2.試合の引率
  ■注意点
   ・道は安全か?
   ・道順は分かっているか?
  
3.コーチ会議や外部団体との会議に出席
  ■注意点
   ・コーチ会議では飲み物とお菓子を用意する。

4.その他イベント
  1月・新年会(カレー)
    ・水泳大会
  2月・持久走
  3月・お花見(牛丼と、家庭からの差入れ)
  5月・南相馬との交流試合の引率(春と秋)
 12月・ビクトリー総会(豚汁)

5.その他
  ・急な練習や試合の時の当番
  ・年始のご挨拶(代表、荻小、神明中) 

などです。

土日祝日がメインとなります。
それ以外でも監督との連絡を平日にします。
これらをそつなく行うことが求められますが、最初からうまく行く人はいません。
徐々に慣れていけばいいのです。

世話役さんに誰がなっても、他の人は文句を言わず、黙ってサポートしていくことが必要です。
なかなか40人近くいる部員の保護者をまとめることはできませんので、目標を定めて、目的を共有しながら行っていくことができれば、不満の声は最小限になるのかもしれません。

みんなが気持よく、野球をやっていて良かったと思える野球チームになるように、これからもブログを使って情報発信していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

運動会終了♪

保育園の運動会が無事終了しました。

今年は新型インフルエンザの影響で、地域の子供たちの競技が中止になりましたが、園児たちは、一生懸命ダンス、かけっこ、競技に汗を流していました。

保護者対抗レースでは、わが子の年中組が勝利を収め、大喜びの保護者たちでした。

子供たちはあまり関心がなかったようです。

すべてのプログラムが終了し、お弁当を食べて、和気あいあいとしたムードの中、お開きになりました。

来年は、保育園最後の運動会、リレーもあって盛り上がりそう。

クラス全員で一丸となって、盛り上がっていきたいです。

明日は、私の情報セキュリティスペシャリストの試験が、高田馬場の日本福祉専門学校であります。今日は早く寝て、明日早く起きて、勉強し、試験に臨んできたいと思います。

応援してくださっている皆さんのために、最善をつくしてきます。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

新型インフルエンザ

新型インフルエンザ、気をつけてもかかってしまうのですね。

とうとう、息子の通う小学校も学級閉鎖になりました。

土曜日の運動会の晩に発熱し、38.7℃の高熱がでました。

熱は翌日昼には平熱になりました。

今日は運動会の振替休日で学校はお休みです。

5歳の娘を保育園に通わせたところ、濃厚接触者のため、一週間は登園禁止とのこと。

しかし、会社を一週間も休むわけにいかず、園長先生に掛け合ったところ、一人保育の体制をしいてくださるとの理解を示していただけました。

感謝!!

私もたまたま会社で異動があり、本当は今日から新しい部署に赴任しているはずだったのですが、新しい上司に連絡し、お休みさせてもらっています。

今年初めての新型インフルンザなので、まだルールができていないようです。かかった本人は熱が下がり、二日たてば登校や出社ができるのに、家族は一週間も経過観察をしなければなりません。

家族も、インフルエンザにかかる場合はもっと早くかかるのではないでしょうか?

家族のだれかが発病して、3日くらいは大事を取って休むことも必要かもしれませんが、一週間となると、仕事にも差しさわりが出てしまう気がします。

このルールはなんとかならないものでしょうか?

きっと、お困りの方は多いはずです。感染後のマニュアルではなく、予防にもっと力を入れるべきではないでしょうか?

ちょっとくらい体調が悪くても、それを隠して登校したり、出社することはルールに反する行動です。十分に自分の体調を知って、いつもと違った場合は、勇気を持って、お休みすることをお勧めしたいと思います。

今年の新型インフルエンザは、本当に強力な感染力です。お気を付けください。

| | コメント (0)

2009年10月 9日 (金)

スタジオハートビート♪

今日は、娘のダンス教室の日!

明日は兄の運動会で行けないので、今日に振替えてもらった。

いつもより大勢のお兄ちゃん達に囲まれ、少々緊張気味の娘!

でも、同い年の女の子と一緒に最後まで頑張って踊っていました。

クリスマスパーティには、京王プラザホテルでディナーショーの前座を務める話がでていました。

デビューの日を心待ちに、休まずダンスを楽しく頑張ろう♪

先生も、生徒さんも、保護者の方も、気さくで本当にいい人ばかりで、良かった。

まだ3回目だけれど、娘も大好きなお友達ができて、楽しく通っています。

明日は兄の運動会のお弁当づくりがあるので、もう寝ます。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

楽しかったシルバーウィーク[ココログ]

リンク: クイック投稿 | ブログサービス[ココログ].

皆様どんなシルバーウィークをお過ごしでしたか?
私はとっても充実しているシルバーウィークでした。

何があったかというと、新しいことを2つも始めたのです。

一つが、
早朝健康空手に入門?したこと。

もう一つが、
シナリオ勉強会に参加したこと。

なぜ新しいことを二つも始めたかというと、前々からやりたくて、いつか
機会があったらやってみようと誓っていたからです。

空手については、小5の長男が6歳の頃から5年間通っている道場で、
空手を日常に取り入れるという新しい試みが始まり、道着不要で、
敷居が低かったことも手伝い、空手の世界を少し体験することができ
ました。
チケット制で、5枚つづりのチケットを一冊購入しました。
次回は、9/27(日)10:30-12:00です。
毎日柔軟をやって、開脚で上体を倒せるようになって、空手も楽しみ
たいです。
空手の練習を見ているだけでは飽き足らず、とうとう私も空手に手を
染めることになりました。
どんな発見があるかワクワクします。

もうひとつのシナリオ勉強会は、娘と通っている親子COOK会の先生の旦那様が、シナリオライターで、教室のお知らせをいただいたのです。
大学時代のバイト先のダンキンドーナッツで、慶應のお友達がラジオのミニシナリオを書いていて、良かったらやってみない?と勧められたのですが、その時は、自信もなかったし、ネタもなかったので、書きませんでした。
それが、20年後のひょんなきっかけから、自分もシナリオを一から勉強する機会に恵まれたのです。

2月のTV局の応募に向けて、みんなで頑張っています。
賞金がなんと!! 500万だそうです。

ドラマで何を書くのかというと、
 「人の情念や狂気を引きずり出す」
のだそうです。

そのためには、人の常識や当たり前のことを、ひっくり返して考えるといいそうです。
たとえば、人は泣くけど、泣かない人もいるよね。

それはなぜ?というふうに、理由を探っていくというのをドラマ仕立てにすると面白いそうです。

まだ、入口に立ったばっかりだけど、シナリオの世界は奥が深い。

私がとても興味のある世界です。

いっぱいいっぱい勉強して、シナリオ書いて賞金をGETするぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年11月 »