« ワークプレイスラーニング2009報告 | トップページ | 「幸せの作法」働く女性お贈る61のヒント 坂東眞理子著 »

2009年10月31日 (土)

シナリオの会に参加

今日は、pappoさんのシナリオの会に参加してきました。

今日で2回目の参加です。

学んだことをここでおさらいします。

①背骨をつくる。

  これは、目的を決めて、主人公が目的を簡単に達成できないように、これでもかというくらい主人公をイジメルのです。

  それを8つくらい書き出します。この背骨は、シナリオを書くときにぶれないようにしっかりと固めることがひつようなのです。

②想いをよせる。

  これは、主人公に対する想いを深く深くもつということです。

  そうすることにより、視聴者のみなさんにも、想いが伝わり、より強い共感を呼ぶことができるのです。

③箱書きをかく。

  ここでは、実際に箱書きをかくのですが、実際のことでも、調査や取材が必要なことがたくさんあります。ここをおろそかにしてしまうと、実際におこらないようなことしか書けなくて、視聴者の共感を呼ぶのは難しいでしょうね。

本日の宿題は、以上です。来月までの一カ月間で、中箱まで書いていくのですが、途中で行き詰ったり、途中までのシナリオを添削してもらいたい場合は、pappoさんにどんどんメールしていいそうです。

pappoさんは、とてもよい方で、ほとんどボランティアのような状態で、私たちを指導してくださっている方です。

pappoさんやcookさんの努力に報いるためにも、私たちは、来年2月のシナリオコンテストに応募し、入選する必要があるのです。

ちなみに、私の目的は、「子供の野球チームが6年の最後のトーナメントで優勝する」にします。

まず、取りかからなければならないことは、背骨を書くことです。背骨とは、楽に優勝させないためのいじわるなありとあらゆる手を考えることです。ここで注意しなければいけないことは、より具体的な出来事のみを書くということです。

この時点で、主人公の境遇の幅をせばめず、出来事に対して、主人公がどう反応するのかを楽しみながら考えることです。

また、ここで、作品の経過をご報告させていただきますね。

ご興味のある方は、また起こしください。

|

« ワークプレイスラーニング2009報告 | トップページ | 「幸せの作法」働く女性お贈る61のヒント 坂東眞理子著 »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529705/32017287

この記事へのトラックバック一覧です: シナリオの会に参加:

« ワークプレイスラーニング2009報告 | トップページ | 「幸せの作法」働く女性お贈る61のヒント 坂東眞理子著 »