« 「幸せの作法」働く女性お贈る61のヒント 坂東眞理子著 | トップページ | JICCC定例会初参加 »

2009年11月 8日 (日)

少年野球6年生引退試合

今日は、スポーツ少年団の高学年2回戦がありました。

6年生は、今日負けてしまうと、大きな大会は最後となる重要な試合でした。

最初、相手のワイルドピッチで先制しましたが、最終回の6回で味方のエラーが4つも続き、逆転されてしまいました。

試合後の反省会で、みんな悔し涙を流していました。

監督、ヘッドコーチは、「いい試合だったが、結果的に負けてしまい、残念だ」と悔しさを隠せない様子でした。

キャプテンは、4番ピッチャーで、今まで人一倍苦労をしてきたのですが、自分なりにベストを尽くせたのでしょう。「4月に比べて良くなった。悔いはない」と言い切っていました。

あとの3人は、先制しながらも最終回で逆転負けしてしまったことが、どうしてもあきらめがつかない様子でした。

4年生、5年生もワンワン泣いていました。

4年、5年はこの悔しさをバネにして、6年生が果たせなかった、優勝の二文字をつかみ取ってほしいです。

私も、来年はもっともっと野球を勉強します。お母さん達と一緒に、子供の良き母親コーチになって、てっぺんを目指します。子供とともに、最高の一年にして、来年の今頃は、勝利の嬉し泣きを実現させたいと思います。

みなさんも、ベストを尽くして、来年の今頃、一緒にうれし涙を流しましょう。

来年は、厳しい年になりそうですが、健康管理には十分気をつけて、勝間さんとともに頑張っていきます。

60才からの楽しいゴールデンエイジを夢見て!!

|

« 「幸せの作法」働く女性お贈る61のヒント 坂東眞理子著 | トップページ | JICCC定例会初参加 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529705/32132831

この記事へのトラックバック一覧です: 少年野球6年生引退試合:

« 「幸せの作法」働く女性お贈る61のヒント 坂東眞理子著 | トップページ | JICCC定例会初参加 »