« 2010年1月 | トップページ

2010年3月

2010年3月 4日 (木)

カツケン最終収録行ってきました。

9ヶ月間放映された勝間経済研究所が、惜しまれながら幕を閉じます。最終回は、3/28(日)19:30-20:30 BSジャパンで放映。

昨日、一般観覧に行きました。抽選で選ばれた24名の方がいらっしゃいました。
最終収録ということもあり、いつもの収録の時よりも人数が多かったようです。

所長の勝間和代さんは、番組最初の頃よりもトークが冴え渡り、本日のまとめでは、流れるように、ご自身の夢を語っていらっしゃいました。思わず聞き入ってしまいました。
助手の内藤聡子さんや、相沢礼子さん、アンジャッシュさんらの研究員が番組を盛上げていました。
みんな一所懸命に自分の持てる力を最大限に発揮していて、出演者のプロ意識がビンビン感じられ、スタッフと出演者が、いい仕事をしているなと思いました。

今回私は、TVの観覧は初体験だったので、前日からワクワクしていました。いつもより念入りにお化粧していきました。
CMの時間は、クイズの回答者が考える時間になるので、スタジオは静かになります。無駄話をしている人は誰一人いなく、緊張した空気のままオンエアを迎えます。
全て、段取りよく進行し、時間の無駄は一切ありません。これは出演者が台本を頭に入れて、自分の役を演じきっているからこんなにスムーズに番組が運ぶんだなと思いました。脱帽しました。

私は2008年1月の神田正典さんとのトークライブから勝間さんのことをフォローしてきているので、勝間さんが日々の改善を繰返し、ものすごくMCが上手になられたことに驚きとともに、敬意を表します。

とにかく、全員、流石プロだな~と、私は終始圧倒されっぱなしで、あっという間の4時間でした。沢山の気づきをもらいました。これを、今後の私の課題にしたいと思います。

話しはがらりと変わりますが、今月は、自分のテーマを、「なぜ私が最上志向を目指すのか」という理由を探る。にしました。
最上志向の説明をすると、この志向の持ち主は一般的な成果では満足できず、常に最高を目指すという志向なのです。

ストレングスファインダーの2番目の私の強みだったのです。
WHY(なぜ)私は、最上志向を目指すのか、WHAT(何のために)私は、最上志向を目指すのか、自分の原点に立ち返って考えたいと思います。

というのも、カツケンの特別客員教授の一人が、とても素敵にビジネスに対する夢を語っていらしたのです。
その話しを載せます。

「おじいちゃん、おばあちゃんは、とても頑張って生きてきたのに、今そんなに幸せじゃない。では、どうしたら、おじいちゃん、おばあちゃんが幸せになれるのかと考えて、宅配弁当サービスを始めた。おじいちゃん、おばあちゃんの「ありがとう」が本当に嬉しい」とおっしゃっていたのです。

自分の原動力は何なのかと思いました。
「ワタミ」では、「ありがとうを集めよう」という標語が存在するそうです。
自分はいったいなんのために、なぜ、やろうと思うのかという原点が多少ボヤケテしまっているように感じたので、今一度原点に立ち返って考えたいと思います。

自分の今までの目標や信条はなんだったのだろうかと改めて考え、列挙してみました。

●会社では、定年まで、長ーく務められればいいかなぁ。人並みに出世して、重宝がられる生き字引になっていたい。
●家庭では、子供や旦那さんに好かれるようになりたい。家庭を何よりも誰よりも大事にしたい。
●友達の中では、重宝がられる人になりたい。あの人がいれば安心!と思わせたい。

上の3項目の目標や信条は、どれも立派だと思いますが、どこまで本気になれたのでしょうか?
善悪ばかりを追い続けて、「本気」を忘れていたかもしれません。
私の「本」当の「気」持ちはいったいどこにあるのでしょうか?そして何を求めているのでしょうか?
人の陰口を気にして、人にどう思われるかをことの他気にしてしまい、夢を途中で放り投げてはいなかったでしょうか?
自分に自分で問いかけてみます。

きっと夢をこの手に掴めると信じて。
今月末には納得のできる答えがでてくると思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

|

2010年3月 2日 (火)

情報セキュリティスペシャリストに合格しました。

ご報告が遅くなりましたが、12/21の発表で、合格していることが分りました。
もちろん、後から郵送で、経済産業大臣の名前入りの合格証も届きました。

点数は、午前Ⅱ60点(ギリでした)、午後Ⅰ70点、午後Ⅱ67点。

なぜ、この試験を受けたかというと、私は、毎年秋には、プロジェクトマネージャを受験していたのですが、2009年春に試験制度が変更になり、プロジェクトマネージャ試験が、秋から春に変わったのです。
秋に受験する試験がなくなってしまったので、急遽情報セキュリティスペシャリストを受験しました。
毎年、春のシステム監査、秋のプロジェクトマネージャ試験と、論文のある試験に果敢に挑戦していましたが、なかなか結果がでず、伸び悩んでいたので、論文のない試験を選びました。

春にプロジェクトマネージャ午前合格していたので、午前Ⅰが免除だったお陰で、午前Ⅱと午後Ⅰ、午後Ⅱに集中して勉強することができたのが合格の秘訣だったと思います。

今春は、またプロジェクトマネージャ6回目にチャレンジします。
みなさんに、よい結果が報告できるように頑張ります。
パパ、隆一郎、悦子が支えてくれているお陰で、ママは頑張れます。
いつも本当にありがとう!!

|

家庭を持って気づくこと

家庭を持つことは、大事なことだと思いました。
なぜかというと、イヤなことがあったとき、家族に支えられて頑張れるからです。
そのイヤなことというのは、日々の生活の些細な出来事だったりします。
例えば、私の場合は、仕事と家庭の両立なんて不可能だ!!と思いながら、日々生活しているとします。
そうすると、その不満が知らず知らずのうちに、表に出て、家族に迷惑が掛かっているのです。
毎晩、「疲れた~」が口癖になってしまい、子供達の目には、疲れてばかりいるお母さんというふうに映ります。
それを、私は免罪符のようにかざして、言い訳していたのです。

そのことに昨日、やっと気づかされました。
小五の息子が、「ママは、週3回は疲れた~といって早く寝てる」というのです。
自分では、年1~2回は発熱し、具合が悪くなるけど、身体は丈夫だと自負していました。
たまに(月1回)早く寝させてもらうのは、これも免罪符だと思っていたのですが、そうは取ってもらってないようです。
今まででしたら、「ママだって疲れてるのに、みんなの分まで家事をして、大変なんだから」と逆切れしていたでしょうが、
勝間さんのサポートメールを毎日読んでいると、不思議と怒る気がしません。
毎日0.2%の改善をして、一年後には2倍になっている。という計算が頭をよぎるからかもしれません。

こんな大きな気づきをくれたパパや可愛い子供達には、最大の感謝をして、「疲れた~」「早く寝る」は、封印しようと決めました。
昨日は、結婚15周年の記念日で、こんなに大事なことを思い出させてくれた家族に感謝します。

|

« 2010年1月 | トップページ