学問・資格

2010年3月 2日 (火)

情報セキュリティスペシャリストに合格しました。

ご報告が遅くなりましたが、12/21の発表で、合格していることが分りました。
もちろん、後から郵送で、経済産業大臣の名前入りの合格証も届きました。

点数は、午前Ⅱ60点(ギリでした)、午後Ⅰ70点、午後Ⅱ67点。

なぜ、この試験を受けたかというと、私は、毎年秋には、プロジェクトマネージャを受験していたのですが、2009年春に試験制度が変更になり、プロジェクトマネージャ試験が、秋から春に変わったのです。
秋に受験する試験がなくなってしまったので、急遽情報セキュリティスペシャリストを受験しました。
毎年、春のシステム監査、秋のプロジェクトマネージャ試験と、論文のある試験に果敢に挑戦していましたが、なかなか結果がでず、伸び悩んでいたので、論文のない試験を選びました。

春にプロジェクトマネージャ午前合格していたので、午前Ⅰが免除だったお陰で、午前Ⅱと午後Ⅰ、午後Ⅱに集中して勉強することができたのが合格の秘訣だったと思います。

今春は、またプロジェクトマネージャ6回目にチャレンジします。
みなさんに、よい結果が報告できるように頑張ります。
パパ、隆一郎、悦子が支えてくれているお陰で、ママは頑張れます。
いつも本当にありがとう!!

|

2008年6月25日 (水)

平成20年春のシステム監査

結果は、午前中の試験の点数が合格基準に達していなかくて不合格になってしまっていた。

合格基準の点数が600点だったが、私の点数は540点でした。

前回受けたときは午前は良かったのだが、午後Ⅱで450点くらいしか点数が取れず不合格だった。

原因は2つある。

まず一つ目は、問題集が古かったこと。2005年の問題集を使っていたから、私のもっている問題集にはのっていない問題が10問くらいでた。

次に二つ目だが、前回の平成19年春に受けたときは、午後Ⅱでつまずいたので、今回は、午後Ⅱを重点的に勉強したため、午前の勉強時間がすくなくなってしまったのだ。

来年の対策は、問題集を新しく購入することと、午前も午後Ⅰも午後Ⅱも合格点をとれるように勉強することだ。

ご存知の方もいらっしゃると思うが、来年から新試験にかわるので、傾向がわからないが、試験情報を集めて、対策をたてようと思う。

今度秋の情報処理技術者試験は、旧試験でうけられる最後の試験になる。

会社内での資格申請にも必要だし、なんとしても受かりたい。

田坂さんの、合格ノートを買って、計画から立てようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

情報処理試験終わりました。

最近、まったくブログが更新できなかったのは、仕事のほうでも忙しかったことと、プライベートでも
気持ちの余裕がなかったからです。すみません。
仕事のほうは、業務とは少しはなれているが、PM学会の論文を書いていたのだ。
今年は、アラスカ州のアンカレッジで開催されるので、英語の論文を提出することになる。
社内のいろいろな人に支援していただき、日本語論文はなんとかまとまったので、今日、業者に
英訳を依頼した。

それと、昨日、試験を受けてきたが、システム監査の試験があったため、かなり切羽詰った
状態が続いていた。
試験一週間前には、間違いノートの総点検をし、午前問題の復習をするはずだったが、二週間前
に終わっているはずの午後Ⅱ問題が未着手だったのである。
土曜日は、子供のプールやら野球やらで、まとまった時間が取れず、試験が始まるまでは、かなりいらついていたが、午前の問題集に載っていた問題はほぼできているはず。午後Ⅱは今回は、過去3年分の勉強をしていたので、昨年よりは回答が的が絞れてきているはず。午後Ⅱも何とか全て記入し、3200字を超えることができた。
昨年は、午前はクリアしたが、午後Ⅰで40%の点数しか取れず(60%が合格ライン)、涙を飲んだ。
今年は、午前の問題が、2005年の問題集にはなかったセキュリティやオープンソースの問題
があり、知らない問題は勘で回答している。
かなりやばいかもしれない。

秋のプロマネの試験は、最新の問題集を買って勉強しようと思った。

結果はどうでしょうか?

話は変わって、昨日は、息子の公式戦初先発だった。3回のコールドで42球なげ、2脱
三振、1フォアボール。打席は、1振り逃げ、1センター前ヒットだったそうだ。
試験と不運にも重なってしまい、観戦してあげられず可愛そうだったが、健闘してくれたので、良かった。

毎年、4月と10月には情報処理試験があるので、家族には迷惑をかけっぱなしで、
申し訳ない。
早く受からなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

システム監査試験

4月20日(日)に、システム監査の試験を受ける。

なぜ、システム監査かというと、自分のキャリアアップのために必要だと判断したからだ。

今回で3回目の受験になる。

私の会社では、資格がなければ、上には上がれないようになっているのだ。

資格に応じて、ポイントが決まっていて、昇級条件には、これこれの領域の資格が何ポイント以上尚且つ必須教育の受講がされているかということが、昇級の条件になっている。

その条件を満たしていても、欠勤があったり、遅刻が多かったりした人は、上司の推薦がもらえない。

私の場合、2回の育休を取らせてもらっていて、大事な仕事の途中で、仕事を引き継がなければならないことが2度もあった。その後も、育児短時間勤務を取得させていただきながらの勤務のため、どうしても重要な仕事は任せられないという状況のなか、なかなか昇級の話をいただくことがなかった。

勝間本にも、資格を取るための隙間時間有効利用方法が沢山載っているが、去年11月に時間投資法の本や、勝間さんの手帳に出合うまでは、試行錯誤で自分流に勉強したり、時間をつくってやってきていた。

そして、勝間本に出会って、やり方を180度方向転換して、まずは、無理なく続けられる仕組み作りからはいることにして、日々の投資時間をパーセンテージにして手帳に書き込むことをし始めた。

テストはまだ1ヶ月ちょっと先だが、これからが総点検の総仕上げの期間になるので、最後まで気を抜かずに頑張りたいとおもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

QMS | その他 | キャリア | 健康管理 | 学問・資格 | 投資 | 育児 | 自己啓発