育児

2010年3月 2日 (火)

家庭を持って気づくこと

家庭を持つことは、大事なことだと思いました。
なぜかというと、イヤなことがあったとき、家族に支えられて頑張れるからです。
そのイヤなことというのは、日々の生活の些細な出来事だったりします。
例えば、私の場合は、仕事と家庭の両立なんて不可能だ!!と思いながら、日々生活しているとします。
そうすると、その不満が知らず知らずのうちに、表に出て、家族に迷惑が掛かっているのです。
毎晩、「疲れた~」が口癖になってしまい、子供達の目には、疲れてばかりいるお母さんというふうに映ります。
それを、私は免罪符のようにかざして、言い訳していたのです。

そのことに昨日、やっと気づかされました。
小五の息子が、「ママは、週3回は疲れた~といって早く寝てる」というのです。
自分では、年1~2回は発熱し、具合が悪くなるけど、身体は丈夫だと自負していました。
たまに(月1回)早く寝させてもらうのは、これも免罪符だと思っていたのですが、そうは取ってもらってないようです。
今まででしたら、「ママだって疲れてるのに、みんなの分まで家事をして、大変なんだから」と逆切れしていたでしょうが、
勝間さんのサポートメールを毎日読んでいると、不思議と怒る気がしません。
毎日0.2%の改善をして、一年後には2倍になっている。という計算が頭をよぎるからかもしれません。

こんな大きな気づきをくれたパパや可愛い子供達には、最大の感謝をして、「疲れた~」「早く寝る」は、封印しようと決めました。
昨日は、結婚15周年の記念日で、こんなに大事なことを思い出させてくれた家族に感謝します。

|

2009年11月22日 (日)

極心空手 直心大会inサン町田旭体育館

本日、息子の空手の試合のためにサン町田旭体育館に行ってきました。

12時集合で、13時試合開始だったのですが、午前中、息子は野球の少年リーグの試合に途中まででてから町田に向かったので、集合時間ぎりぎりになってしまいましたが、体重測定も無事済ませ、お昼を食べて、いざ試合に向かいました。

組手の部に出場しました。階級は、5年軽量級、5年重量級+上級、6年軽量級、6年重量級、6年生上級、中学生、高校生、女子部、壮年部、一般部初中級、一般部上級がAコートで行い、息子は、5年軽量級に出場しました。

全員で6人でした。息子は、帯が茶帯で一番上だったので、シードで、二回戦の準決勝からの戦いでした。二回戦は、同じ荻窪道場の仲間で、オレンジ帯でした。息子の下突きが相手のみぞおちに決まり、きれいな一本勝ちで、続く決勝では、家も近所で、サッカーをしていて、試合経験も豊富な緑帯の子と当たりました。

今度は、手ごわく、相手に少しおされぎみに進んでいたところ、下段前蹴りと二回戦と同じ下突きが決まり、技あり一本で優勝しました。3時ころには決まっていたのですが、その後、さまざまな階級の試合の決勝が終わるまで待ち、表彰式後に記念撮影があったりで、18時30分まではなんだかんだ拘束されてしまいました。

町田から下北沢まで快速急行だったので新百合ヶ丘から下北沢までノンストップでした。下北で井の頭線に乗り換え、私と娘は、久我山からすぎ丸かえで路線に乗って帰りました。パパと息子は富士見ヶ丘から自転車で、私たちのほうが10分ほど早く帰ってきました。

夕飯は、昨日買っておいたステーキでした。とっても楽しく、おいしい夕飯になりました。

息子の頑張りに敬意を表します。

また、息子をここまで先導してくれたパパにも敬意を表します。

お兄ちゃんの応援を最後までしてくれた娘にも敬意を表します。

そして、この大会を支えてくださっている大会スタッフの方々には本当に頭が下がる思いです。

こんなに、素敵な大会を開催してくださって、ありがとうございます。

私も、人を喜ばせるために、自分を無くして、人のために頑張っていきたいと強く思います。

一日も早く、そうなれるように、自分を磨いていきます。私の愛する家族と共に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

少年野球6年生引退試合

今日は、スポーツ少年団の高学年2回戦がありました。

6年生は、今日負けてしまうと、大きな大会は最後となる重要な試合でした。

最初、相手のワイルドピッチで先制しましたが、最終回の6回で味方のエラーが4つも続き、逆転されてしまいました。

試合後の反省会で、みんな悔し涙を流していました。

監督、ヘッドコーチは、「いい試合だったが、結果的に負けてしまい、残念だ」と悔しさを隠せない様子でした。

キャプテンは、4番ピッチャーで、今まで人一倍苦労をしてきたのですが、自分なりにベストを尽くせたのでしょう。「4月に比べて良くなった。悔いはない」と言い切っていました。

あとの3人は、先制しながらも最終回で逆転負けしてしまったことが、どうしてもあきらめがつかない様子でした。

4年生、5年生もワンワン泣いていました。

4年、5年はこの悔しさをバネにして、6年生が果たせなかった、優勝の二文字をつかみ取ってほしいです。

私も、来年はもっともっと野球を勉強します。お母さん達と一緒に、子供の良き母親コーチになって、てっぺんを目指します。子供とともに、最高の一年にして、来年の今頃は、勝利の嬉し泣きを実現させたいと思います。

みなさんも、ベストを尽くして、来年の今頃、一緒にうれし涙を流しましょう。

来年は、厳しい年になりそうですが、健康管理には十分気をつけて、勝間さんとともに頑張っていきます。

60才からの楽しいゴールデンエイジを夢見て!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

少年野球のステークホルダー

来年、うちの息子が6年になるので世話役を決める集会にでてきました。
少年野球では大人の関わりがかなり大きいのです。
代表、監督、コーチ、の他に部員のお世話を焼く世話役さんという役目の方がいます。
今回は、受験で休部になる子供以外の5人による選出でしたが、既に経験している人を除くと3人の中から選出することになりました。

どのようなステークホルダーが必要なのかを簡単に書いてみたいと思います。

今日は、その中でも一番重要な世話役さんについてまとめてみました。

世話役さんのお仕事としては、
1.スケジュール決め
  ■注意点
   ・スケジュールに無理はないか?
   ・移動は自転車か、それとも車か?
   ・お昼は何時頃どこで食べるか?
   ・コーチは足りているか?

2.試合の引率
  ■注意点
   ・道は安全か?
   ・道順は分かっているか?
  
3.コーチ会議や外部団体との会議に出席
  ■注意点
   ・コーチ会議では飲み物とお菓子を用意する。

4.その他イベント
  1月・新年会(カレー)
    ・水泳大会
  2月・持久走
  3月・お花見(牛丼と、家庭からの差入れ)
  5月・南相馬との交流試合の引率(春と秋)
 12月・ビクトリー総会(豚汁)

5.その他
  ・急な練習や試合の時の当番
  ・年始のご挨拶(代表、荻小、神明中) 

などです。

土日祝日がメインとなります。
それ以外でも監督との連絡を平日にします。
これらをそつなく行うことが求められますが、最初からうまく行く人はいません。
徐々に慣れていけばいいのです。

世話役さんに誰がなっても、他の人は文句を言わず、黙ってサポートしていくことが必要です。
なかなか40人近くいる部員の保護者をまとめることはできませんので、目標を定めて、目的を共有しながら行っていくことができれば、不満の声は最小限になるのかもしれません。

みんなが気持よく、野球をやっていて良かったと思える野球チームになるように、これからもブログを使って情報発信していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

運動会終了♪

保育園の運動会が無事終了しました。

今年は新型インフルエンザの影響で、地域の子供たちの競技が中止になりましたが、園児たちは、一生懸命ダンス、かけっこ、競技に汗を流していました。

保護者対抗レースでは、わが子の年中組が勝利を収め、大喜びの保護者たちでした。

子供たちはあまり関心がなかったようです。

すべてのプログラムが終了し、お弁当を食べて、和気あいあいとしたムードの中、お開きになりました。

来年は、保育園最後の運動会、リレーもあって盛り上がりそう。

クラス全員で一丸となって、盛り上がっていきたいです。

明日は、私の情報セキュリティスペシャリストの試験が、高田馬場の日本福祉専門学校であります。今日は早く寝て、明日早く起きて、勉強し、試験に臨んできたいと思います。

応援してくださっている皆さんのために、最善をつくしてきます。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

新型インフルエンザ

新型インフルエンザ、気をつけてもかかってしまうのですね。

とうとう、息子の通う小学校も学級閉鎖になりました。

土曜日の運動会の晩に発熱し、38.7℃の高熱がでました。

熱は翌日昼には平熱になりました。

今日は運動会の振替休日で学校はお休みです。

5歳の娘を保育園に通わせたところ、濃厚接触者のため、一週間は登園禁止とのこと。

しかし、会社を一週間も休むわけにいかず、園長先生に掛け合ったところ、一人保育の体制をしいてくださるとの理解を示していただけました。

感謝!!

私もたまたま会社で異動があり、本当は今日から新しい部署に赴任しているはずだったのですが、新しい上司に連絡し、お休みさせてもらっています。

今年初めての新型インフルンザなので、まだルールができていないようです。かかった本人は熱が下がり、二日たてば登校や出社ができるのに、家族は一週間も経過観察をしなければなりません。

家族も、インフルエンザにかかる場合はもっと早くかかるのではないでしょうか?

家族のだれかが発病して、3日くらいは大事を取って休むことも必要かもしれませんが、一週間となると、仕事にも差しさわりが出てしまう気がします。

このルールはなんとかならないものでしょうか?

きっと、お困りの方は多いはずです。感染後のマニュアルではなく、予防にもっと力を入れるべきではないでしょうか?

ちょっとくらい体調が悪くても、それを隠して登校したり、出社することはルールに反する行動です。十分に自分の体調を知って、いつもと違った場合は、勇気を持って、お休みすることをお勧めしたいと思います。

今年の新型インフルエンザは、本当に強力な感染力です。お気を付けください。

| | コメント (0)

2009年10月 9日 (金)

スタジオハートビート♪

今日は、娘のダンス教室の日!

明日は兄の運動会で行けないので、今日に振替えてもらった。

いつもより大勢のお兄ちゃん達に囲まれ、少々緊張気味の娘!

でも、同い年の女の子と一緒に最後まで頑張って踊っていました。

クリスマスパーティには、京王プラザホテルでディナーショーの前座を務める話がでていました。

デビューの日を心待ちに、休まずダンスを楽しく頑張ろう♪

先生も、生徒さんも、保護者の方も、気さくで本当にいい人ばかりで、良かった。

まだ3回目だけれど、娘も大好きなお友達ができて、楽しく通っています。

明日は兄の運動会のお弁当づくりがあるので、もう寝ます。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

小学5年生の男の子って!!

いままでとは、明らかに変ってきています。
何が変ったかって、自我が目覚めてきています。
ちょうど、第二次性徴の時期ですよね。
女性の場合は、10歳から11歳頃。
男性の場合は、12歳から13歳頃。

毎朝、小言を言うのが日常のようになってきていて、いうほうも言われるほうもいい加減うんざりしてきているのです。

言われるほうは、自我が目覚めてきているので、「ふ~ん」と、何を言われても取り合わないのですね。その態度が、言っているほうにはブチッときてしまうのです。
今朝は、初めて息子が鼻歌まじりに聞いていて(息子にしてみれば自分を防御しているつもりなのですよね。)それを聞いてしまった私は、悲しくてポロポロないてしまったのです。

なんで、そんな鼻歌を唄うのか、問いただしたら、「ママが、僕のこと悪くばかりいってるから」と言われました。

言わないと、ご飯を食べずにずっとTVばかりみているし、全然改善してくれないと思うので、ついつい言ってしまうのですが、言われるほうとしては面白くないですよね。

たしかに、彼の言い分もそうだと思うので、明日からは小言は控えることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

子供っていいわ!!

今日は、子供から素晴らしい経験をさせてもらったことを書きます。
朝、いつものように慌しくて、娘に「歯を磨きなさい」「服を着替えなさい」と言っても
いつまでもダラダラしていたので、「ママは会社に遅刻しちゃうよ」と怒っていました。
(反省)
そうしたら、娘がマンションの階段を下りながら、私に「ママ、子供はおにいちゃんだけ
が良かった?」と聞くのです。私はハッとして、(すでに冷静に戻っていたので)ゆっくり
と言葉を選びながら「そんなことは絶対にないよ。○○がいてくれてママもパパもお兄ちゃんも
すごく喜んでるよ。」と心から伝えました。
帰宅後、娘に今朝のことを謝ると、娘からこんな言葉が返ってきました。
「子供はすぐに許してあげるよ♪」
なんて素敵な言葉でしょうか。娘からの嬉しいプレゼントでした。
子供は、ピュアな心を持っているので、少しの言葉で傷つくし、ちゃんとフォローすれ
ば、すぐ応えてくれるのだと思いました。
傷つけないように気をつけようと強く思い、また、傷つけてしまったら、目をそらさないで
適切なタイミングで、ごまかさないでピュアな心で接していこうと決意しました。
子供からいろんなことを学ばせていただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

子供との対話

子供が、家で決められた仕事をしませんでした。具体的には、毎朝のお風呂掃除のことなのです。

8時に家をでるのですが、いつもぎりぎりまでTVを見ていて、歯を磨くのもままならないのです。

調子がよい時は、ぱっぱっとお風呂掃除をすませ、元気いっぱいに「いってきまーす。」といって家を飛び出していくのですが、ぐずくずしているときは、いかんせん、全てうまくいかないようです。

今日は、昨日夜遅くやっと仕上げた漢字ドリルの宿題を机の上においたまま、おお急ぎで飛び出していってしまいました。

Oh My God!!

いつもいつも忙しなく、忘れ物をしないように気をつけるようにいっても、その気持ちの余裕がないのです。

それは、母も全く同じで、毎日持参しないといけない汚れ物袋を、リュックの中にしまうのをころっと忘れてしまったのです。

なので、子供のことばかりいっていられないなーとつくづく反省した次第です。

もうひとつ、気付きがありましたので、ご報告させていただきたいとおもいます。

子供から「なんでそんなに大きな声をだすの?」といわれました。はたっと気付くと、子供はいやに冷静で、私だけがみがみ怒鳴っていたのです。こんなに怒鳴っても、子供はいうことをきかないばかりか、どんどん私からはなれていってしまうんだろうな~と思いました。

息子は4月から5年生になります。

今日から、息子のことを信じて、がみがみいうのをやめようと思います。

よーく考えると、昨日の試験勉強の結果があまりにも悪く(31/66)、少しイライラしていたのも事実です。自分自身がうまくいっていない時に、人や家族に対して八つ当たりしてしまうことはいけないことです。

ずーっと考えていたのですが、この問題は簡単な問題ではないですね。

ただ、今いえることは、目標が高すぎてしまって、日々の達成レベルまで落とし込まれていないことが、私のイライラ感を倍増してしまっているのだと思います。

今月の最大目標は、QC検定2級合格!!

次は、「笑顔のコーチング養成講座」での収穫(ここで今までのしがらみを清算し、新しく生まれ変わる)

来月の最大目標は、プロマネ試験合格!!

次は、「中原淳Learning bar」参加し、新しい目標設定をする。

兎に角、忙しいときこそ、身の回りの人に最大限に気を使うようにしよう!!

自分の半径1.5M以内の人をまずは幸せにします。

もちろん自分や自分の家族を一番幸せにします。happy01heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

QMS | その他 | キャリア | 健康管理 | 学問・資格 | 投資 | 育児 | 自己啓発